JA伊豆の国
JA伊豆の国のショップへようこそ!!

清助生しいたけ

清助生しいたけ

★しずおか食セレクション認定品★

『清助生しいたけ 優品M (1kg)』
伊豆のしいたけは、日本で初めて人工栽培を始めた「石渡清助」にちなみ、
「清助しいたけ」ブランドとして髙い評価を得ています。
原木栽培は肉厚で味が濃く、香りもよいのが特徴です。

商品名 清助生しいたけ
商品番号 0052
販売価格 1,600円(税込)
在庫 豊富
送料 800円 ※全国一律
お届け日 お届け日のご指定はできません。 ※現在、天候状況により、出荷数が減っているため、
お届け日のご指定はできません。
出荷し次第、ご発送させていただきます。
配送種別 ヤマトクール便(冷蔵)

清助生しいたけ

数量

買い物かごに入れる

肉厚、味が濃厚、香りが良い『清助生しいたけ』

伊豆は狭き土地ながらも古くからの上質の椎茸産地です。
その訳は、発祥の地ということでも判るとおり、栽培に適した土地柄だからと言えます。  
天城山には年間約2,500mlの雨が降り、すそ野の山々にも椎茸栽培に必要な水分が
たくさん含まれている事、温暖な海に囲まれた半島である為、湿気をおびた空気がたちこめる事、
広葉樹が育ち易い事など。
その好環境の土地で育てた原木(自然木)栽培の椎茸はとても上質で、日本一(世界一)の上質産地です。

◆産地の概要◆
JA伊豆の国管内では、シイタケは伊豆市の中伊豆地区・修善寺地区・天城地区・土肥地区、
沼津市戸田地区、伊豆の国市の大仁地区で主に栽培されています。
伊豆は温暖で、降雨量も多く、シイタケ栽培に適した気候といわれています。
シイタケ栽培には、 原木(げんぼく)栽培 と 菌床(きんしょう)栽培 とがあります。
JA伊豆の国管内では、すべて 原木栽培により、豊かな自然環境の中で、昔から良質なシイタ
ケが生産され、静岡県下で主要産地となっています。
伊豆のシイタケは肉厚で味、香りともによく、特に 乾シイタケ は全国の品評会でも毎回上位入
賞を果たすなど、上質なシイタケとして全国的に評価されています。
平成12年からは、安心・信頼の確保のため、 石渡清助 にちなんでJA伊豆の国で生産された
シイタケを 「清助(せいすけ)しいたけ」 と呼び、ブランド化しています。
その証として、出荷するパックなどに 「清助しいたけ」シール を貼っています。
◆伊豆地域のシイタケの歴史◆
シイタケ栽培で、現在のような人工的・集団で行う栽培は、寛保元年(1741年)、
門野原(現在の伊豆市天城湯ヶ島地区)の石渡清助(いしわたせいすけ)が
日本で初めて行ったという記録も残っています。
その後、原木用の樹種、伐採の時期、なた目の入れ方、木の組み方、栽培の場所など、
さまざまな工夫と改良を加えて栽培方法を確立してきました。
現在でも、なたで傷をつける代わりに、種菌(しゅきん)を植え付けることのほかは
大きく変わることなく、伝統的な自然を大切にした栽培を行っています。
菌という性質上、農薬などは使用しないため、安全・安心です。
◆乾シイタケの上手な戻し方◆
冷蔵庫で5時間から1日くらい低温で水戻しすると、うまみ成分も保持され効果的です。
◆シイタケの栄養◆
<ビタミンDがカルシウムの吸収を高め、骨粗しょう症予防に>
いろいろな種類のキノコが出回っていますが、シイタケは一番身近なキノコです。
生でも、干してもよし。和風・洋風・中華にイタリアンと、いろいろな料理に活用できる食材です。
カルシウムの吸収力をアップさせるビタミンD、血中コレステロールの量を抑制し
動脈硬化予防が期待できるエリタデニン、免疫力を高めるβ-グルカンと栄養素もいっぱいの野菜です。
平成23年に『清助どんこ(清助しいたけ)』が★静岡県のブランド認定★
【しずおか食セレクション】に認定されました。\(^o^)/
静岡県の多彩で高品質な農林水産物の中から、全国や海外に誇りうる価値や
特長を備えた商品を、県独自の認定基準に基づいて「しずおか食セレクション」として認定しています。
「しずおか食セレクション」しずおか食セレクションとは?

ショップ内商品検索

営業カレンダー

2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

【休業日】
土曜、日曜、祝日、12/30~1/3
その他、メンテナンス等により休業する場合がございます。

このページの先頭へ